ミトコプラスの効果?!不妊治療夫婦のミトコプラス体験記

このページでは、妊活中で体外受精中(不妊治療中)の我が家が、ミトコプラスを半年以上使ってきて、どんな効果を感じることができたのかについて、我が家の不妊治療の結果を元に、「事実」を紹介していきます。

これからミトコプラスを使おうと悩んでいる方や、どんな効果が期待できるのか調べている方の参考になるはずです。

ミトコプラスサプリの口コミ

こんにちは!ミトコプラスファン管理人の新垣です。

「結局効果がないんじゃないか・・・」と思いながらも、藁にもすがる思いで始めたミトコプラス。

そんなミトコプラスはその予想をいい意味で裏切ってくれました。我が家の場合は、まだ妊娠した!とまではいっていませんが、受精卵の質が上がり妊娠に近づくきっかけになったのです。

ですので、今ではミトコプラスに感謝していますし、これからも赤ちゃんができるまで、妊娠するまで使い続けていこうと思っています。

しかし、すべての人にミトコプラスがオススメなわけでもありません。まだまだ若い方や、まだ妊活を始めたばかりの人には必要ない場合もあるからです。

そこでこのページでは、ミトコプラスを飲んで、我が家が感じた効果だけでなく、私たち夫婦の年齢やミトコプラスを使おうとした背景についても紹介していきます。

ミトコプラスが届いた日、ミトコプラスの外観と中身

まずは、「本当にミトコプラス飲んでるの?」と言う人もいるかと思いますので、証拠にはならないかもしれませんが、我が家のミトコプラスを紹介したいと思います。

まず、パッケージですが、大変かわいい、牛乳パックのようなパッケージになっています。

ミトコプラスパッケージ

また、品質保証や同梱物の確認の検印がされています。徹底した製品管理をしている所はさすがゲンナイ製薬さんです。

ミトコプラス品質保証

ミトコプラスの中には、ミトコプラス本体の他、ゲンナイ製薬の葉酸サプリであるプレミンのサンプル、様々な紙類が入っていました。

ミトコプラス内容物

実際のサプリ本体は下記のイメージです。また取り出してみると、こんなサプリが出てきました。

ミトコプラス本体 ミトコプラスサプリの形状

ということで、こんなミトコプラスを使い始めて、半年が経とうとしています。

現在は不妊治療の体外受精で移植の段階であり、必要ないと言えばないのですが、それでも今後何があるか分からないので、卵子の老化防止として、妊娠できるまでは我が家は飲み続けようと思っています。

さて、そんなミトコプラスを半年間使ってみて、どんな効果を感じたのかを次からは紹介していこうと思います。

ミトコプラスの効果、我が家の場合の事実

まずは、ミトコプラスを飲むことで、どのような効果を我が家の場合実感できたのか、事実を紹介していこうと思います。


  • 1回目の採卵と採精、ミトコプラスを使用しなかった1回
  • ミトコプラスを飲んで、2回目の採卵・体外受精に挑みました
  • ミトコプラスを飲まなくて後悔した理由

1回目の採卵と採精、ミトコプラスを使用しなかった1回目

最初にもお伝えしたように、我が家は現在「不妊治療中」です。そして、体外受精や顕微授精などを行っている最中になります。

ですので、今まで「採卵」「採精」なども当然行ってきました。そして1回目の採卵・採精の数日後に、先生に「受精卵、できたよ」と言われて喜んだことを覚えています。

しかし、結果的には、1回目にできた受精卵を移植したもののどれも妊娠には至りませんでした

※体外受精の場合、1回の採卵と採精で、複数の受精卵を作ります。我が家の場合は、卵子が5個ほどとれ、精子も妊娠できないわけではなかったため、そこは救いでした。

ハッキリ言って、めちゃくちゃショックでした。

「受精卵を移植するわけですから、当然妊娠して当然!」「これで我が家も待望の赤ちゃんが!!」と思っていたわけですから、精神的ダメージは大きかったです。

しかし、諦めきれなかった我が家は、2回目の採卵・採精をすることに決めました。

ミトコプラスを飲んで、2回目の採卵・体外受精(不妊治療)に挑みました

そうして2回目の採卵に臨むことにしました。

しかし、1回目の体外受精では、まさか受精卵にグレードが付くなんて思っておらず、なおかつ4AAのものもあれば、3CCとかそういう低いグレードのものもあったので、「できる限り受精卵の質を高めたい」と我が家では考えました。

ましてや年齢も我が家は二人そろって30代前半。何かしら対策はした方がいいというのは感じていましたので、この機会にミトコンドリアサプリを使おうと思いました。

そこで使用したのがミトコプラスです。

そうしてミトコプラスを飲んで臨んだ2回目の採卵と採精でできた受精卵。なんと、5個中4個が受精し、なおかつすべてがAグレードになったのです。

前回に比べると、かなり成績が良くなりましたし、受精卵が成長してくれる割合もぐっと高まりました。

そして現在はその凍結胚を移植している段階です。「次こそは!」と思っていますが、前回よりは確実に可能性が高まっているので、希望に満ちています。

ミトコプラスを飲まなくて後悔した理由とは

このように、「受精卵のグレードが上がる」という効果を感じた私たち夫婦ですが、1回目の段階でなぜミトコプラスを飲まなかったのかという後悔を感じています。

当時は「高いからミトコンドリアサプリは使いたくない」でした。高いからといってなぜ避けてきたんだろう・・・と思うばかりです。

また、それ以前の妊活中時代にも「飲んでいたらもしかしたら妊娠できていたかもしれない」と考えると、後悔はやはり残ります。

こうして蓋を開けてみると、ミトコプラスを飲んで卵子の質が向上(改善)したことは明らかです。

ですので、「私たちはまだ不妊治療をしていないから飲まなくていい」ではなく、もし妊活をしていて、数か月赤ちゃんができていないのであれば、是非試してみて欲しいと思うんです。

このブログは、私たち夫婦が後悔し、同じ後悔を他の人にもしてほしくないと思ったので作りました。

ミトコプラスをイマイチ信じられないかもしれませんが、一度試してみて欲しいですし、不妊治療をしているのであれば、なおさら使ってみて欲しいと思います。

赤ちゃんができないとう不安は、それが続けば「悩み」に変わります。その悩みは本当に辛いものであることは私たちも理解できます。

だからこそ、「使ってみようかな」と思った時から、ミトコプラスで体質改善をしてみてほしいと思います。

>>ミトコプラスについてさらに詳しく知る

ミトコプラスはなぜ効果があったのか?成分に関わる口コミレビュー

しかし、なぜここまでミトコプラスは効果があったのでしょうか?そこで注目したいのがミトコプラスの「成分」です。

飲む前は、「なんとか次こそは!」の気持ちで、ミトコプラスの成分は全然見ずに購入し、「これはすごい!(受精卵の質が上がって)やったね!」なんて夫婦で話していましたが、反面で、なんでこんなに良かったんだろう?と感じることもありました。

そこで、次は、ミトコプラスの成分に関して、口コミをしていきたいと思います。

特許手法で作られたヴィネアトロール(R)

まず、ミトコプラスにはフランス産フランス製のヴィネアトロールという成分が使われています。

これは、フランスのアクティケム社のレスベラトロールのことで、アクティケム社の特許製法で作られたものに「ヴィネアトロール」の名前が使われています。

ヴィネアトロールの原材料であるレスベラトロールは、ポリフェノールの1種で抗酸化作用があり、卵子の老化を防ぐ役割があります。

さらに、ヴィネアトロールにおける臨床試験では、DNAダメージを減らし、細胞保護作用を高めることが分かってきました。つまり、品質の高いレスベラトロールなのです。

ヴィネアトロール引用元ACTIchem社-ヴィネアトロールPDF

簡単に言うと、「特許製法で作られた抗酸化成分で、卵子の老化予防効果が他のレスベラトロールよりも高いよ」ということです。

世界ナンバーワンシェアのライコレッド社製リコピンを使用

また、ミトコプラスには、「リコピン」が含まれていますが、このリコピンは世界ナンバーワンのシェアを持つライコレッド社製のリコピンで、「リコマット(R)」と呼ばれています。

このリコマットは遺伝子組み換え食品を一切使用せずアレルゲンもフリーの高濃度リコピンです。リコピンですので抗酸化作用があり、卵子の老化予防に効果があります。

カネカ社製の還元型コエンザイムQ10

私たちの生命活動に必要なエネルギーは「ミトコンドリア」で作られています。そしてそのミトコンドリアのエネルギー生産に必須なのが還元型コエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10には「酸化型」「還元型」の2種類があります。

私たちの体は「還元型」を使うのですが、還元型のコエンザイムQ10はサプリメントにするのが難しく、従来のサプリでは酸化型のコエンザイムQ10を配合するしかありませんでした

しかしミトコプラスに含まれるカネカ社製のコエンザイムQ10は、世界初の還元型コエンザイムQ10であり、卵子のミトコンドリアのエネルギー産出を高めて、卵子の細胞を活性酸素から保護する作用があります。

上記3つを含めて「ミネラルCB-1」と言われています

ミトコプラスのミネラルCB1

ここまで紹介した「ヴィネアトロール」「リコマット」「還元型コエンザイムQ10」はどれも特許手法で作られた成分ですが、これらを複合的に配合したものはミトコプラスしかありません

なぜなら、この3つの複合成分である「ミネラルCB1」は、ミトコプラスを販売するゲンナイ製薬の登録商標だからです。

我が家はそんなことも考えずにミトコプラスを使ったわけですが、成分を見てみても、「世界に唯一のミトコンドリアサプリメント」であり、さらに好きになったのは言うまでもありません。

補助成分も豊富なミトコプラスの実力

そして、ミトコプラスに含まれているのは「ヴィネアトロール」「リコマット」「還元型コエンザイムQ10」の複合成分であるミネラルCB1だけではありません。

それ以外にも

  1. Lカルニチン
  2. ヘスペリジン(愛媛産のみ)
  3. 総キサントフィル(グリコ社製カロテノイド)
  4. カプサンチン(グリコ社製カロテノイド)
  5. DHAEPA(日本で水揚げされた魚のみ)

を配合しています。

これらによって、トータルで卵子の酸化ケアをすることができます。我が家で受精卵の質が高まったのは、これらの成分のおかげに他なりません。

成分についてさらに詳しくは、公式HPで紹介されています。成分について知りたい方は、下記ページをご覧ください。

>>ミトコプラス公式サイト

ミトコプラスのメリットは他にもあった!

ここまで、

  1. ミトコプラスを飲んで感じた効果(受精卵の質の向上)
  2. ミトコプラスの成分の秘密

について紹介してきました。

しかし、実はミトコプラスのメリットはこれだけではありませんでした。私たち夫婦が実際に使用して感じた、ミトコプラスだからこそのメリットを紹介していきます。


  1. 葉酸サプリとの相性が良い
  2. 価格が安い・コスパが良い

ミトコプラスは葉酸サプリとの相性が良い

ミトコプラスには、あくまで卵子の質を高めるためのサプリメントであり、「葉酸」や「ビタミン類」などが配合されていません

これは、葉酸サプリとの飲み合わせを心配する必要がないということです。我が家のようにすでに葉酸サプリを飲んでいる人も、それにミトコプラスをプラスして使用することができます。

「必要な時にミトコプラスを使い、必要なくなったら止めることができる」これがミトコプラスのメリットの1つ目です。

余分な成分が入っていないからこそミトコンドリアサプリの中でも価格が安い

また、ミトコプラスの魅力の1つはなんといっても価格の安さです。

ミトコンドリアサプリには他にも代表的なものに「ミトコリン」がありますが、ミトコリンは15000円です。ちょっと高いですよね。

それに対してミトコプラスは7980円。ミトコリンの約半額でミトコンドリアサプリを使用することができます。

妊活にはお金もかかります。ですので、毎月の出費はできる限り少なくしたいもの。そんな経済的な余裕が生まれるのもミトコプラスを選んで良かったと思っている部分です。

ミトコプラスは安全?副作用の心配は?

妊活中や不妊治療中に飲むのがミトコプラスですので、安心安全に飲めるものでないといけません。

その点でミトコプラスは、全成分の原産国と最終加工国がすべて表示されています。

ミトコプラスの成分の最終加工国

基本的に国産のものがある場合には国産を、国産がなければ先進国の原材料を使用しているのもミトコプラスの特徴の1つです。

さらに、第三者機関による試験を受け、ヒ素やセシウムなどが検出されないかのチェックを受けています。

残留農薬等のチェック

結果としては、ヒ素、セシウム、残留農薬、水銀、ヨウ素、鉛すべてにおいて、検出されず、その試験結果も公開されているため、安心して飲むことができます。

ミトコプラスを飲んで感じたデメリットとは?

我が家にとってミトコプラスは、受精卵のグレードを上げてくれたサプリメントであり、本当に感謝しかありません。

しかし、飲んでいるからこそ感じたデメリットもあります。次は、そんなミトコプラスのデメリットを紹介していきたいと思います。


  1. 葉酸サプリを別で検討しなければならない
  2. 飲んだからと言って絶対に妊娠するわけではない
  3. 成果が目に見えないと続けにくい

デメリット1:葉酸サプリを別で検討しなければならない

今後赤ちゃんをお腹で育てていくにあたって、葉酸を摂取することは大切です。なぜなら奇形リスクを減らすことができるからです。

しかし、ミトコプラスには、葉酸などの妊活成分が含まれていません。そのため、葉酸サプリを別で検討し、使う必要があります。

ただし、先ほども紹介したように、葉酸サプリとの飲み合わせの相性が良く、どの葉酸サプリとも併せて飲むことができます。それは大きなメリットの1つです。

デメリット2:飲んだから妊娠するわけではない

ミトコプラスは我が家が体感したように、卵子の質を改善したり、老化を防いだりしてくれます。結果的に受精卵の質も上がり、不妊治療が上手くいきはじめていると実感もしています。

しかし、だからと言って、「100%妊娠する」わけではありません

デメリット3:成果が目に見えないと続けにくい

我が家の場合は、現在不妊治療中で、受精卵の質(グレード)で一目瞭然だったため、その後も続けたいと思って続けています。

しかし、そのような目に見えた成果は、不妊治療をしなければなかなか分からないことかもしれません。

ミトコプラスを飲んで妊娠できない期間が長くなればなるほど、「ミトコプラスって効果あるのかな?」と飲むのをやめてしまうことにつながります。

ぜひ頑張って続けてみて欲しいと思います。

さいごに

ミトコプラスは飲めば妊娠するような魔法のサプリメントではありません

しかし、卵子の質を上げる効果は感じていますし、それが数字という結果で出たので、飲む意味はあると思っています。

そして我が家のように、不妊治療をして上手くいかない人だけでなく、不妊治療はしていないけれど、現在妊活中でなかなか子供に恵まれない方にもオススメしたいです。

なぜなら、飲むことで卵子の質が上がり、妊娠の確率が上がるからです。

我が家は、ミトコンドリアサプリというものを知っていながら、「高いから」という理由で、ずっと飲んできませんでした。

2回目の不妊治療になって、ようやくお金を出そうと思って始めましたが、今では、本当にもっと早く始めておけば・・・と思っています。

ですので、始めるべきは今なのだと思います。ということで、また不妊治療に進展があれば、このブログで追記・報告していきます。

どうか幸せな未来があなたに訪れますように、願いを込めて。

>>