妊活中の男性必見!葉酸よりも摂取したい精子の質を上げる栄養素

妊活中の男性必見!葉酸よりも摂取したい精子の質を上げる栄養素

葉酸と言えば「女性」のための栄養素というイメージがありますが、男性は摂取する必要はないのでしょうか?

このページでは男性も葉酸を摂取すべきなのか?ということや、葉酸以上に大切な男性のだからこそ摂取したい栄養素を紹介していきます。

葉酸について調べてみると「妊活中は男性も一緒に葉酸サプリを摂取しましょう」「葉酸が不足すると染色体異常の精子がつくられる」という情報をよく目にすることがあります。

しかしここで大切なのは「何故そう言われているのか」ということです。今回は、妊活中の男性にも果たして葉酸サプリが必須なのか、それとも他のサプリを摂るべきなのかについて紹介していきます。

妊活中なら男性も葉酸を摂るべきなの?

男性も葉酸を摂るべき

妊活中の女性にとって葉酸はほぼ100%の認知度を誇るといっても過言ではない栄養素です。

実際に厚生労働省も妊娠の可能性のある女性に対して「通常の食事に加え栄養補助食品などから葉酸を摂取すること」を推奨しています。

この葉酸ですが、妊活中の男性も摂取すべきといわれ始めている理由として次のことが考えられます。

  1. 精子の奇形リスクが下がるという研究結果が報告されているから
  2. 葉酸サプリの販売側が、「精子の奇形リスク」に関する情報を宣伝しているから

葉酸の摂取が男性不妊に効果があるかもしれないという試験結果が報告されたことは事実です。しかし、そのデータは信頼性が乏しく、果たして妊活に直接的に有効かといえば疑問が残ります。

厚生労働省の葉酸摂取推奨の対象が女性に限られていることも、その現れではないでしょうか。

しかしながら、そもそも葉酸は妊活中かそうでないかに関わらず「人間にとって必要なビタミン」です。葉酸を摂取することで以下の効果がありますので、間接的には妊活中の男性にも有効だといえるでしょう。


  1. 貧血の予防
  2. 高血圧や心臓病の予防
  3. 薄毛の改善、予防
  4. 葉酸サプリが必要な男性
  5. 葉酸の過剰摂取に気をつけよう

貧血の予防

別名造血ビタミンともいわれる葉酸は、ビタミンB12と結合して赤血球のもとになる赤芽球の生成を助ける作用があります。

高血圧や心臓病の予防

動脈硬化の原因となるホモシステインというアミノ酸の働きを抑制します。

薄毛の改善、予防

頭皮の血行を促進し、頭皮環境を整えます。また毛母細胞の再生を助け、ツヤとハリのある髪を育てます。

葉酸サプリが必要な男性

現代は食生活の変化などから多くの人がビタミン不足といわれています。そして葉酸も例外ではありません。

成人男性の1日あたりの葉酸の摂取目安量は240μgとされていますが「よく口内炎」ができるという人は葉酸不足のサインです。

また食生活が不規則な人、お酒をよく飲む人、タバコを吸う人などはサプリで補うと良いでしょう。男性が摂取することによって女性が妊娠しやすくなるという確証はありませんが、あえて摂取しないという選択肢もありません。

葉酸の過剰摂取に気をつけよう

葉酸の過剰摂取に気をつけよう

食事に含まれる葉酸は吸収率が悪く、また水溶性ビタミンであるため多く摂取した場合でも尿などから排出されます。

そのため通常の食事から葉酸を摂りすぎる心配はありません。

葉酸の過剰摂取で副作用が心配されるのは、葉酸のサプリメントを飲み過ぎた場合です。特に多くの葉酸サプリは合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)で、自然の葉酸よりも吸収率は2倍と高くなっています。

軽い副作用としては、食欲不振、かゆみなどにとどまりますが、症状が重くなると発熱蕁麻疹呼吸障害亜鉛の吸収阻害ビタミンB12欠乏症の発見の遅れによる神経障害などが現れます。

またマウスを使った最近の実験で、「父親の葉酸及びビタミンB12の過剰摂取が、子供の記憶力低下につながる」という結果が報告されています。

サプリはあくまでも不足している栄養を補うものです。必要以上に摂取しないように気をつけましょう。

妊活中の男性が積極的に摂るべき栄養素

妊活中の女性同様、妊活中の男性にも意識的に摂取すべき栄養素があります。ここでは5つの栄養素を紹介します。


  1. 抗酸化作用のあるビタミンEやリコピン、マイシード
  2. DNAの複製やたんぱく質の合成に欠かせない「亜鉛」
  3. 若返りのミネラル「セレン」
  4. 精子の8割を占めるアミノ酸「アルギニン」
  5. 脂肪を燃やすだけじゃない!妊活にも深くかかわる「カルニチン」

抗酸化作用のあるビタミンEやリコピン、マイシード

身体を錆びつかせる活性酸素は精子にも悪影響を与えます。妊活中に男性がすべきことは「元気な精子を提供すること」に尽きます。

精子の質を高めるために、まずは抗酸化作用のある栄養素を積極的に摂取しましょう。

精子数が増えたと報告のあるビタミンEについて

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用があるとともに、精巣機能を高め精子の数を増やすといわれています。

ある実験では毎日200mg摂取したところ、精子数が10カ月後に10倍近く増えたという結果が報告されています。

ビタミンEはアーモンドや落花生に多く含まれています。残業のお供をスナック菓子からナッツに変えるなんてことから簡単に実践できそうですね。

第7の栄養素リコピンについて

リコピン

リコピンは第7の栄養素として最近注目されていますが、このリコピンにも強い抗酸化力があります。

さらにリコピンは精巣内に高い濃度で蓄積され、精子の運動率を上昇させるという実験結果が報告されています。

リコピンといえばトマトです。さっそく1日1個のトマト、または1日一杯のトマトジュースから始めてみてはいかがでしょうか。

精子の質を向上させるサプリ「マイシード」について

マイシード

私の夫の精子は、奇形率が高いとともに運動率も悪く、数も少なかったです。そんな夫の精子が改善したのは「マイシード」というサプリメントのおかげです。

マイシードは精子の質を高めることから、全国の不妊治療クリニックで処方されるほど実績のあるサプリメントです。

「食生活が乱れている」「仕事でストレスを感じている」「精子の質が悪いと診断されたことがある」という方は、積極的に利用すべきだと思います。

>>マイシードの公式サイトはこちら

※ドラマ「コウノドリ」でも撮影協力・不妊専門クリニックで多数取り扱い

DNAの複製やたんぱく質の合成に欠かせない「亜鉛」

亜鉛

セックスビタミンとも呼ばれる亜鉛は、妊活中の男性には避けては通れない栄養素です。DNAの複製やたんぱく質の合成に欠かせない物質で、生殖機能の改善に役立ちます。亜鉛不足は精子不足や男性不妊の原因になるという説もあります。

さらに亜鉛には以下のような重要な働きがあります。

  1. エネルギー代謝
  2. 免疫機能のサポート
  3. 赤血球や白血球の細胞膜の安定

男性でなくても、また妊活中でなくても積極的に摂取すべき栄養素です。

亜鉛は必須ミネラルのひとつですが、体内でつくることができません。また貯めておくこともできないので食事やサプリからこまめに摂取する必要があります。

しかし食品からの亜鉛の吸収率は30%と低く、亜鉛を多く含む生牡蠣も毎日食べられる食材ではありません。亜鉛が足りていないなと感じたらサプリを併用して効率的に摂取しましょう。

ちなみに、先ほど紹介した「マイシード」にも亜鉛は含まれているのでオススメです。

若返りのミネラル「セレン」

セレン

セレンは高い抗酸化作用のあるミネラルで、別名「若返りのミネラル」と呼ばれています。

順天堂大学の研究では、セレンをきちんと摂取できている男性ほど精子の数が多いという結果が出ています。体内の活性酸素を積極的に除去してくれる他、セレンには次のような優れた働きがあります。

  1. がん発生の抑制
  2. 心筋梗塞、脳血管障害の予防
  3. 体内に蓄積された有害ミネラルの排出

セレンは魚介類をはじめ肉類、卵黄などに含まれるため、通常の食事で不足することはないといわれています。またビタミンEと相性が良く、同時に摂取すると相乗効果が期待できます。サプリなどに頼らず、お魚中心の食生活を心がけましょう。

精子の8割を占めるアミノ酸「アルギニン」

アルギニンは体内で合成できるアミノ酸の一種で、老若男女問わず必須の栄養素です。その働きは

  1. 成長ホルモンの分泌促進
  2. 筋肉増強
  3. 血流促進
  4. 疲労回復
  5. 免疫力向上
  6. 性機能改善

と多岐に渡ります。妊活中の男性が注目すべきはアルギニンが精子の数や運動性の向上に有効という点です。

そもそも精液の80%はアルギニンでできているといわれるので、アルギニン不足は不妊に繋がります。また血流改善効果もあることから、EDにも効果があるのではないかと期待されています。

アルギニンは魚介類、肉類、ナッツ類、大豆製品など、たんぱく質を豊富に含む食材に多く含まれています。日々の食事から無理なく摂取するようにしましょう。

脂肪を燃やすだけじゃない!妊活にも深くかかわる「カルニチン」

カルニチン

カルニチンは「脂肪を燃やすアミノ酸」といわれ、ダイエット目的のサプリとして有名ですが、精子の運動能力にも深く関わっています

精子の運動が活発な人は、精液中に含まれるカルニチンの濃度が高いという報告や、カルニチンを摂取することで妊娠率が4倍に上がったという研究データがあります。

カルニチンは羊肉や牛肉に特に多く含まれています。週に一度は牛肉の赤身を食べる習慣をつけましょう。

妊活をするなら使ってほしい!男性専用サプリ「マイシード」

男性にオススメのマイシード

先ほど少し触れましたが、私たち夫婦(夫)が実際に使用しているのが「マイシード」というサプリです。

精子の運動率が悪かったり奇形率が高ければ妊娠できる確率もぐんと低くなります。私たち夫婦は体外受精に向けて使用をしましたが、自然妊娠を希望する方にも強くオススメしたいです。

これだけオススメしたいのは、明らかに精子の質が変わったからです。具体的には・・・

  • 精液量が3.1ml⇒4.2ml
  • 奇形率が80%⇒50%
  • 精子濃度832万個⇒5600万個

変化しました。奇形率が高かった夫の精子はこのマイシードで改善されたと言っても過言ではないですし、だからこそ「もっと早く使っておけば」と後悔したものでもあります。※「同じ後悔をして欲しくない」ということで、ここでは強くオススメさせていただきました。

>>マイシードの公式サイトはこちら

マイシードは何がスゴイのか?

マイシードの成分

このサプリには妊活中の男性に必要な栄養素が詰まっています。マイシードのすごいところは「ビタミンEやコエンザイムQ10などの抗酸化成分」「亜鉛」「セレン」「アルギニン(マカ由来)」「カルニチン」の他に

  1. ソイポリア
  2. ナイアシン
  3. パントテン酸カルシウム
  4. ビタミン類

などの栄養素も網羅しているところです。

なおかつ効果があることが分かっているため、不妊治療クリニックでも処方されています。

ただ1つ難を言えば、高価ということです。

ただ、それでも私はその価値を十分に実感しているので、子供を授かるまでは続けていきたいと思っていますし、精子の質でお悩みの方には価格に見合う価値があると思っています。

>>マイシードの公式サイトはこちら

さいごに

妊活中に「効果的」といわれるものがあれば試してみたくなりますよね。ただ、口に入れるものは直接赤ちゃんにも関わることなので、広告の文句に惑わされずに正しい情報を集めて、自分が納得したものを選ぶことが重要です。

そして、このページでは、葉酸以上に妊活中の男性が積極的に摂取すべき栄養素として

  • ビタミンE、リコピンなどの抗酸化作用のある成分
  • 亜鉛
  • セレン
  • アルギニン
  • カルニチン

などを紹介してきました。これらは「精子の質を高める」栄養素ばかりです。

繰り返しになりますが、男性が赤ちゃんのためにできることは「元気な精子を提供すること」です。健康的な食生活を心がけて、これらの栄養素をすべて食事からまかなうことが理想ではありますが、不足気味なものはサプリを上手に取り入れて、少しでも精子の質が向上するように心がけましょう。

また、睡眠をしっかりとる、ストレスを溜めない、適度に運動するなど基本的なことを疎かにしないことも元気な精子をつくるためには必要です。妊活中は、これらのことも総合的に考えて過ごすように心がけましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

子供がほしい!けど、できない!授かるためにしておきたい9つの重要事項

妊活・妊娠に効果的だったこと

何が妊活に効果的だったの?!これで出来たと報告があったみんなのコツや方法